Category Archives: Audition

Audition オーディション

Audition オーディション
Audition オーディション

Audition オーディション

Audition オーディション
アーティスト、女優、モデル、クリエーターまで幅広く募集!締め切りはありません。
ジャンル、性別、年齢、国籍、形態等の制限も一切ありません。
歌部門 – 無伴奏。楽器&マイクなし。創作曲も可能。(約2分)
ダンス部門 – 主催側で準備した曲にフリースタイルダンス(約2分)
演技部門 – 即興演技・台本暗記(約2分)
モデル部門 – ファッション:ワーキング及びポーズ
CF:ポーズ及び表情演技
作詞・作曲部門 – 作詞書類及び作曲デモ提出

Audition オーディション
<注意事項>

•応募資料・データは返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
•デモテープ等のお持ち込みや直接の面接等には一切応じておりません。
•オーディション参加費、選考費、またその後にかかる費用は一切ありません。ただし、審査会場までの交通・宿泊費は各自ご負担ください。
•審査状況や選考結果に関するお問い合わせには応じておりません。
•未成年者の方がご応募される際には、親権者の同意が必要となります。
•応募資料を各メディア・媒体・HP等で紹介する可能性がありますので、予めご了承頂いた上でご応募下さい。

Audition オーディション
よくある質問

Q. 合否の連絡はどのように行われるのでしょうか?

合格者の方のみに、各地予選開催日より1か月以内にご連絡をさしあげます。合格者に関しましては、スタッフより二次審査の日程、場所などの詳細をご連絡さしあげます。

Q. 審査時間はどれくらいかかるのでしょうか?

会場および混み具合によりますが、審査終了までお時間がかかる場合もありますので、時間には余裕を持っておこしください。受付時間は早く来たほうがお得です。午前中がおススメです。来場順に審査していきます。特に受付時間締切間際は大変混雑しますので早めの来場をおススメします。

Q. どんな曲を歌えばよいのでしょうか?

曲の指定は日本語の曲であれば、なんでも大丈夫です。自分の実力が発揮できる曲を選んでください。アドバイスとしては、友達や家族にカラオケなどで聞いてもらって一番良く歌えているものを選ぶのが効果的です。好きな曲と歌いやすい曲、うまく聞こえる曲が異なっている場合もあります。 カラオケなどのキーのチェックで自分のスキルにあった曲やキーをいろいろ試して練習してみてください。

Q.「​ 日本語楽曲のサビ部分を30秒歌唱 ​」​ とありますが、歌詞のすべてが日本語じゃないとダメなのでしょうか?

いわゆるJ-POPとか、邦楽と言われるものであればなんでも大丈夫です。​ですので、歌詞の一部にたとえば、「I LOVE YOU」とか「FOR YOU」などといった英語の歌詞やフレーズ、またはカタカナ英語である、「ドリーム」「ミラクル」など入っていてもまったく問題ございません。歌詞のすべてが英語や外国語の曲だけ避けてください。たとえば、「アナと雪の女王」のヒット曲「Let it go」の英語バージョンはNGですが、日本語バージョンは英語と日本語が混在しているのでOKです。
Audition オーディション
Q. 応募用紙に貼る、または当日持参する、webエントリーでアップロードする写真はどのような写真が良いのでしょうか?

顔・上半身のよく見えるバストアップの写真をご用意下さい。

Q. 応募用紙に貼る、または当日持参する写真のサイズはなんでしょう?

一般的なL版サイズ(縦 12.7cm 横 8.9cm)になります。
顔のはっきりわかる上半身の写真1枚をお願いします。

Q. 付き添い者は会場に入れるのでしょうか?待合室などはあるのでしょうか?

付き添いの方は会場入り口までの同伴になります。審査会場内にはお入りになれません。待合室のご用意はありませんので、近隣のお店などでお待ちいただければと思います。

Q. 当日の持ち物、準備するものはありますか?

特に持ち物は必要ありません。事前エントリーの方は、会場にて「事前エントリー」の列にお並びください。事前にスマホやPCで入力されたプロフィールは事務局のほうにすでに用意してありますので、ご安心ください。当日エントリーのかたは写真(顔のはっきりわかる上半身)を貼付け、情報を記載した応募用紙をご持参ください。写真1枚をご持参いただければ当日会場で応募用紙を記載していただいても大丈夫です。応募用紙と筆記用具は会場に用意してあります。

Q. 複数の会場を受けても良いのでしょうか?

はい。ただし、1会場につき1回のエントリーになります。複数の会場を受けられるかたは、事前エントリーの場合は会場ごとに応募をお願いします。来場エントリーの場合は各会場にお越しいただければ受けていただけます。ただし、東京会場に関しては追加開催が決まった兼ね合いで、​第1回、第2回の両日をエントリー、審査を受けることはできませんので、必ず、どちらかの日程にエントリーいただき、その日に審査受験をお願いします。

Audition オーディション
Q. 合格したあとのレッスンはどうなるのですか?

合格されたかたには、東京、大阪、名古屋、福岡で無償でレッスンをうけていただきます。ただし、それ以外の地域のかたでも地元の提携先のスクールなどでレッスンを受けていただくこと場合もございます。実際に、契約者のなかには北海道、沖縄、東北など地方のかたもたくさんいらっしゃいます。将来的には上京や引っ越しをしていただく可能性もございますが、合格したらすぐに必ず上京、引っ越しなくてはならないということはございません。

Q. 合格し、レッスンを受けたあとのデビューは必ずソロなのですか?

将来のデビューに関しては、それぞれの適正に応じて、ソロでのデビューやグループ、ユニットでのデビュー、アニソンシンガー、アイドルまたはバンドのボーカルなどいろいろな可能性があります。ご本人の個性、スキル、適正をみながら最善の方法を探していきます。

Q. ソロシンガーでないと応募できないのですか?

今回の応募はソロ(個人)での応募に限らせていただいております。ユニットやグループのかたは、メンバーそれぞれ個人でご応募ください。お友達をさそって、ぜひ一緒にご参加ください。

Q. ジャンルは問いますか?シンガーソングライターやバンドボーカルでも応募できますか?

ジャンルに関しては、ソロのポップシンガーに限らず、シンガーソングライター、バンドボーカル、アニソン、ロック、R&B、洋楽趣向など問いません。オーディションでの曲の披露は、ご自身の好きな日本語の曲のサビであれば、カバーでもオリジナルでもかまいません。一次審査においてはアカペラのみになりますので、楽器の使用やケータイでのカラオケ音源の使用などはできません。
【応募資格】
東京 or 仙台 or 名古屋 or 大阪 or 福岡 or 沖縄
6歳~高校2年生の男子/各地域近辺に在住
※東京都内、仙台市内、名古屋市内、大阪市内、福岡市内、沖縄内で行われるレッスンに通えること。

https://www.facebook.com/audition1dot1com/
[contact-form-7 404 "Not Found"]

【選考】
第1次審査=書類選考(到着順に順次選考/合格者のみ2週間以内に連絡)
第2次審査=追加資料選考
第3次審査=面接(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・沖縄の各営業所で行う予定/複数回行われる場合もある)

【応募方法】
≪郵送応募≫
履歴書(空欄に身長と体重を必ず明記)と、その裏に写真2枚(全身・上半身各1枚=3カ月以内に撮影したもの)を貼付けて郵送。
※歌が得意だったり、面白い特技があれば必ず履歴書に書いてください。
※ダンス、体操、楽器の経験がある方は履歴書に経験ジャンルや年数など分かるように書いてください。
≪WEB応募≫
応募フォームからご応募頂けます。下記URLにアクセスし、案内に沿ってご応募下さい。
オーディション会場へ行き、カメラテストとグループ面接、実技テストを行います。オーディション会場はテアトルアカデミーの各スタジオになりますが、会場となるスタジオへの行き方は書類に記載してありますので、そちらをご参照ください。

受付イメージ

ステップ 1受付

受付でエントリーシートを提出します。
係りのものから受験番号や必要書類が渡されます。

手順についての説明イメージ

ステップ 2手順についての説明

控室に移動し、テアトルアカデミーのご紹介と、オーディションの流れについてご説明します。
また、後ほど行われる実技テストのレクチャーもあります。

面接:カメラテストイメージ

ステップ 3面接:カメラテスト

面接官とお話しをしながら、表情や声、話の受け答えや身振りなどをビデオカメラで撮影していきます。
※小学3年生~中学生のカメラテストは、グループ面接時にあわせて行います。

グループ面接:実技テストイメージ

ステップ 4グループ面接:実技テスト

1グループ5名程度でグループ面接と実技テストを行います。
実技テストはステップ2の説明会でレクチャーを受けた「リズムテスト」と「セリフテスト」、「歌唱」で構成されます。「歌唱」は任意となり、ジャンルは問いません。お好きなものを歌ってください。いずれも今現在の「上手い」、「下手」を見る試験ではありません。今できなくても、練習すれば将来伸びる人かどうかを見ています。

※テストは歌手志望、俳優志望に関係なく全員に同じことをやっていただきます

これでオーディションは終了です。

俳優、歌手、モデル、声優、お笑い、タレント。あらゆるニーズに対応するレッスンが用意され、指導するのは第一線で活躍中の講師陣です。一人でも多くの夢を実現するために考え抜き、確実に成果を挙げてきた基礎から応用へとあなたを導きます。
.

タレント紹介

現在活躍しているタレント・俳優をご紹介します。
レッスン紹介

芸能界で通用するタレントになるために、多彩なレッスンをご用意しています。

講師陣の紹介

成年部門を担当する講師をご紹介します。
所属生の声

一足先に、夢に向かって自分を磨いている先輩たちの声です。

教養課程/ 専門課程

基礎を固めて応用へ。着実にステップアップできるよう、教養課程と専門課程で修得していきます
オーディション前の書類選考では、顔写真が第一印象となり、選考する上で大切な資料になります。ご両親がお子さまを撮影するケースもあれば、ケータイのカメラで自分撮りをするケースもあるかと思いますが、ここではどなたでも実践できる家庭用のデジタルカメラとケータイカメラでの撮影テクニックをご紹介します。
ご興味があるかたは、是非参考にしてみてください。
一般的に広く普及している家庭用のデジタルカメラでオーディション用の写真を撮影するときのテクニックです。
ご両親がお子さまを撮影するシーンを想定して、基本的なことから、ちょっとしたコツまでをいくつか解説していきます。

被写体をたたせよう!イメージ

上手に撮るコツ その1 被写体をたたせよう!

被写体がはっきりと目立った写真は、その人の魅力も際立たせます。そのためには、背景はスッキリと、被写体を邪魔してしまうものがない場所で撮影する方が望ましいです。
その際、被写体が小さくならないよう、カメラのフレームにお子さまをしっかり入れてくださいね。

また、証明写真のように無表情なものでも問題ありませんが、せっかくのオーディションです。ぜひあなたのステキな笑顔で応募されてはどうでしょうか?

※カメラの接近限界は1m弱程度です
オーディションに合格してからも最初は人前で何かするのが恥ずかしくって仕方なかったんですよ。でも通い続けるうちに、友達もできて、どんどん楽しくなって。
高校3年生の頃には、「俳優としてやっていく!」と決意しました。

今では、ボクはこの仕事が大好きです。好きだから続けられるし、好きだから「もっとうまくなりたい!」という情熱が沸いてくるんだと思います。

皆さんも、いろんな思いを抱いてオーディションを受けられると思いますが、その思いを大切に、強い気持ちを持ってオーディションを受けてください。
そして、自分の目指している「なりたい姿」を通して、何か好きになれるものを見つけられたら、それはきっとかけがえのないものになるはずです。
もしそれがボクと一緒だったら、同じ目標を目指してがんばりましょう!

等身大の服装(いつもの自分)こそ個性」

オーディションに行くとき、どんな服装を着て行けばいいのか、すごく気になるところですよね。ぶっつけ本番で審査員と対峙するオーディションでは、目の前の審査員に印象を残すために、ときどき自分自身の個性を、「服装」によって過剰にアピールしている方がいます。でもそれって、「あなたらしさ」でしょうか?

審査員は「等身大のあなた」と会いたく、過剰に装飾して行く必要はまったくないのです。

お気に入りの服でオーディションに行こう!イメージ
「お気に入りの服でオーディションに行こう!」

当日着て行く服装ですが、自分自身(または保護者さま)が気に入っている服装で挑むのが、きっとオーディション会場で一番気持ちが落ち着くはずです。
ぜひ!「お気に入りの服」を着てオーディション会場に行きましょう!

周りの人にも意見を聞いてみてイメージ
「周りの人にも意見を聞いてみて」

着ていく服装に迷ったときは、自分が好きな服装、着て行きたいと思っている服装を、友達や家族に見せて、どんな印象を受けるか聞いてみるのも良いでしょう。
第三者の目線で、正直に意見を言ってもらい、そこでの印象が好感の持てるものであれば、きっと「あなたらしいオーディション・コーディネート」ができているはずです。

「オーディションに正解はない!」

まず最初に理解して欲しいのは、「オーディション」は、「テスト」ではないということです。

「テスト」には正解がありますが、「オーディション」には正解がありません。
しいていうなら、「あなたらしさ」が正解なんです。

「元気」が取柄の方もいれば、「まじめさ」がにじみ出ている方もいます。「やんちゃっぽい」キャラの子もいれば、「食いしん坊」キャラの子も。オーディションは、そんな「あなたらしさ」を見つける最初の“きっかけ”にすぎないのです。
会場では、生き生きした皆さんの表情とキャラクターを見ています。

緊張してていいんですイメージ
「緊張してていいんです」

オーディションの会場で、緊張していない方はまずいません。
それぞれに秘めた思いを胸にして、一生懸命自分を魅せようとする方の表情は本当に光り輝いて見えますし、逆に頭が下がる思いです。

オーディションが始まれば、「緊張しないで、リラックスしてね」なんて言いません。なぜなら、皆さんがオーディションを真剣に考えてくれるから緊張しているわけで、私たち審査員も真剣勝負で向かい合います。緊張してて当然なんです。
審査員は、そんな真剣な姿勢で望むあなたに魅せられるんです。

その場を楽しんでイメージ
「その場を楽しんで」

「緊張してていい」なんて言っておきながら逆のことを言うようですが、せっかくのチャンスなので、ぜひその場を楽しむ気持ちを持ってください。そうすると、「あなたらしさ」がより審査員に伝わるかもしれません。

会場までの道のり、会場の雰囲気、お子さんの表情、自分なりの表現。そうした一つ一つを楽しむことで、自分やお子さんの以外な一面に気づく事があるかもしれません。
アニメミュージックを通じて、海を越えて国境を越えて、
言葉も文化も違っても同じ音楽に集う大切な仲間に出逢うことができました。
小さい頃からなりたかった”歌手”だけど、ワールドツアーだなんて夢にも思わなくて。
夢、だけじゃなく 夢にも思わない未来、一緒に手に入れましょう。
私も楽しみにしています!
アニメシーンには、声優というスペシャリストがいるように、歌手というスペシャリストもいます。
幼い頃に見ていたアニメの主題歌は今でも忘れることなく、
歌唱するとアニメ作品の映像が浮かび、心が熱くなり、胸が躍りました。
そんな熱い歌の数々を残してきたアニソンシンガーの皆さんの血を受け継いでいくであろう、
本格派アニソンシンガーを目指し共に歩いてくれる方を、今回私たちは探したいと思っています。
日本のみならず、本気で世界に羽ばたくアニソンシンガーを私たちは心待ちにしています!!
Audition -オーディション-(新人情報)

応募は随時受け付けております。また、各オーディションも開催しております。
新しいあなたの才能をお待ちしています!
※特定のプロダクション、レコード会社、出版社と契約されていない方を対象とします。
《エントリーフォーム》に必要事項を記入して下さい。
記入が終わったら《応募する》をクリック!! 入力確認画面が出ます。
応募が完了したら、エントリーフォームに登録したメールアドレスに受付完了メールが届きます。
※文字数制限・ドメイン指定などしている場合、メールが届かない場合がございます。再度確認の上、応募して下さい。

後は、審査結果を待つのみ!!
※審査結果は、応募から3ヶ月以内に通過者のみにご連絡致します。

審査の対象になるHPには、オリジナル楽曲が公開されていること。
HP上に歌詞の掲載がない場合は、《エントリーフォーム》に記入して下さい。
応募後の審査結果などのお問い合わせには応じられません。
未成年者の応募には、保護者の同意が必要です。
現在、特定のレコード会社、マネジメントなどと契約のない方に限ります。
ご応募頂いた個人情報は、個人情報法を遵守し、オーディションのみに使用させて頂きます。
エントリーは、オリジナル曲じゃないとダメですか?オリジナル曲でなくても構いません。
それによる審査の有利、不利もございません。ただし、カバーやコピー曲の場合は、オリジナル楽曲がどのアーティストの作品か明記して下さい。エントリーしたら必ず返事はもらえますか?通過者のみにこちらからご連絡致します。
また、審査結果の問い合わせ等には応じられませんので、ご了承下さい。エントリーの際、ジャンルに制限はありますか?制限はありません。
是非、皆さんのオリジナリティーが充分に感じ取れる音楽を聴かせて下さい。どの程度の音質が必要ですか?録音する環境にもよりますので、ご自分で聞いて納得できるクオリティであれば構いません。
エントリーに際しての注意点 NOTICE FOR ENTRY

以下の注意事項は、本オーディションエントリーのための規約を定めたものです。
本オーディションへのエントリーを希望される方は、以下の注意事項を読み、了解頂いた上でエントリー頂きます様お願いします。
本オーディションにエントリーされた方は、本注意事項に承諾頂いたものとみなされるものとします。
1.未成年の方が本オーディションにエントリーする場合には、事前に保護者の同意が必要です。
2.エントリーに際して提出いただいた資料の返却は出来ませんので、ご了承下さい。
3.本オーディションの選考は、選考終了後、合格者に対してのみ直接ご連絡致します。
4.本オーディションの合格者以外には、弊社から選考結果のご連絡は致しません。
弊社からの連絡がない場合には、ご希望に添えなかったものとご理解下さい。
5.選考状況、選考結果、その他本オーディションの選考についてのお問い合わせを頂いた場合でも、一切お応えすることはできません。
6.本オーディションへのエントリーの方法は、弊社が指定した応募フォームを用いて、本ウェブサイト経由に限られます。
直接の来社による持込、面接等は一切応じておりません。
7.特定のレコード会社、音楽出版社、プロダクションに所属されている方からの応募は受け付けておりません。
8.個人情報の取り扱い関して
本オーディションへのエントリーに際して提供頂いた個人情報は、本オーディションの選考、および合格者へ選考結果をご連絡する目的で利用致します。
また、今後各種ご案内(新しいオーディション情報等)をさせて頂く際に使用させて頂きます。
9.本オーディションへのエントリーのため、エントリー費用、選考費は一切かかりません。
10.自薦、他薦は問いません。未成年の方は保護者の同意が必要になります。
他薦の場合は、ご本人の承諾(ご本人が未成年者の場合は、ご本人の承諾およびご本人の保護者の同意)を得たうえで、エントリーください。

※ 以上の注意事項を予めご了承の上で、ご応募ください。
 応募者は成人(満20歳以上)、もしくは保護者の同意を得た未成年者です。

以下のものを準備していただき、応募フォーム(下部の応募ボタン)に必要事項を入力・アップロードして、ご応募ください。
オリジナル楽曲のビデオをYouTubeへアップロードしたURL
(自作のミュージックビデオやライヴ映像など。ビデオがない場合は、音声のみでも可)

本人やメンバーの現在の容姿がわかる写真
(バンド・ユニットの場合は写真ファイルの名前に氏名・パートを明記すること)

バンドのロゴがある場合は、ロゴ画像
歌詞がある場合は、歌詞のテキストデータ

※お送りいただいたアーティスト名や楽曲名、動画・写真は、優秀者に選ばれた場合など、弊社ホームページ及びMUSICA・SPACE SHOWER TV等で掲載させていただく場合があります。

動画URLは最大3つまで登録できます。すべてを審査の際の判断材料とさせていただきますが、直接の審査対象(及び、優秀者に選ばれた場合、公開する動画)は1つ目に登録されたものとします。

歌詞・ロゴも審査の対象になります。必須項目ではありませんが、ある場合は可能な限りお送りください。
Q1.オーディション用の写真はどんなものでもいいですか?A.本人と確認できる顔がはっきりした、写真であれば結構です。Q2.応募の締め切りが過ぎてしまうとオーディションを受けることができないですか?A.締切日を過ぎても、対応できる場合がありますのでその時点でお問い合わせしてみてください。Q3.オーディションではどのようなことをしますか?A.基本的には質疑応答がメインになります、その他に自己ピーアール(自分の長所や短所、趣味、特技など知ってもらいたいことなどを言う)や当日会場でお渡しするテキストのセリフを読んでいただきます。Q4.オーディションのとき、審査する基準はどんなところですか?A.そのひとの魅力的なところ。そのひとならではの個性的なところ。伸ばしていけばそのひとのキャラクターとしてポイントとなるようなところです。Q5.かわいくないと合格しませんか?A.自分では欠点だと思っていることが逆に魅力的なポイントとなることもあります。審査ではそういった自分では自信をもてないと感じている部分も見るようにしています。Q6.友達といっしょにオーディションをうけることはできますか?A.グループとしての評価は行なっていません。グループで受けたとしても評価は個人としてのものになります。レッスンも個人で受けることになります。
仕事や学校へ通いながらレッスンを受けることはできますか?A.できるだけ多くレッスンを受けられるように、総合タレント・コース、小中学生コースのレッスンは基本的に土曜、日曜、祝日に行なっています。仕事や学校とレッスン・スケジュールが重なる場合は、個人スケジュールを調整していただくこととなります。専科コースは、平日が中心となります。Q9.引越しや進学の都合でスクールを転校できますか?A.転校は可能です。「各地区校」から「東京校」、またその逆の場合でも、転校における特別な追加費用は発生しません。Q10.欠席した場合は振替レッスンや補講を受けられますか?A.システムとしては、振替レッスンや補講は行なっておりません。Q11.特待生制度はありますか?A.はい、あります。オーディションの成績が優秀であれば、入所金の免除と1年間無料でレッスンが受けられます。詳細につきましては、事務局までお問い合わせ下さい。Q12.「入所金」や「レッスン料」の分割納入はできますか?A.「入所金」は、一括納入のみです。「レッスン料」は、一括と2回分割ができます。一括納入は、レッスン開始前々月末まで、2回分割は、レッスン開始前々月末まで半金、入所後6ヵ月以内に残金を納入していただきます。納入金の返金は対応致しかねます。Q13.小中学生が「東京校」の「専科コース」でレッスンを受けることはできますか?A.可能ですが、「専科コース」は、平日レッスンが中心となります。また「チケット・レッスン制」がありますので、レッスン・チケットでのレッスンが受けられます。Q14.
  「各地区校」(札幌校、仙台校、名古屋校、大阪校、福岡校、鹿児島校)の「総合タレント・コース」では、どんなレッスンをするのですか?A.演技、ダンス基礎、ヴォーカル、バラエティ、MCリポートなどのジャンル別で基本からレッスンを行ないます。
アーティスト、モデルを随時募集しています。
弊社にご応募されたい方は下記の書類をご郵送下さい。
面接にお越しいただく方のみに、こちらからご連絡差し上げます。
※応募書類の返却はいたしません。

https://www.facebook.com/audition1dot1com/
[contact-form-7 404 "Not Found"]
必要書類
・履歴書
・保護者の承諾書(未成年の方のみ)
・顔写真、全身写真

Precious Star

Precious Star

Precious Star
[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/239814382″ params=”auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false&visual=true” width=”100%” height=”450″ iframe=”true” /]

今の時代はデジタル技術やネットが普及したことによって、誰でも簡単に音楽レーベルが立ち上げられます。

大手のレコード会社などや音楽事務所に所属して、自分たちの創作した音楽を販売してもらおうと考えなくても、自ら努力し工夫しさえすれば、広く自分たちの作った音楽を普及させ、販売していくことが可能なのです。

Precious Star

いえ、誰でも簡単にできるというのは少し語弊があるかも知れません。肝心の楽曲がやはりそれなりのレベルの作品でなければ誰も聴いてくれないでしょうし、デジタル機材に関する知識や技術がなければ、いくら曲を作ったとしても、当然、プロの作品に匹敵するものを作ることは不可能です。

つまり、大手企業に所属せずに音楽活動をするということは、これら全ての能力を自分一人(あるいは自分の仲間)だけで身に着けていかなければならないということであり、それはかなりの苦労と努力が強いられる道だと思います。
https://www.facebook.com/audition1dot1com/
しかし、現在、大手のレコード会社はCDが売れなくて汲々としています。このデジタル化、ネット化の波にうまく乗れずに、相変わらず古い体質のままに経営を続けているからです。しかも彼らの中には、安い経費では大したアルバムが作れないという考えを持っている人たちも数多く存在しているようです。そのため、現在のように一枚のアルバムに多くの経費がかけられないことに不満とストレスを抱えた状態で仕事しているのです。

当然、そんな雰囲気の中では健全な芸術活動などできるはずもありません。そんな中、窮屈な思いをしながら音楽活動をしていくよりも、最初から苦労と努力を惜しまず自力で音楽レーベルを立ち上げ、その後、自由に音楽活動をしていく方がどれだけ幸せでしょうか。
Audition オーディション dot-com Precious Star

一昔前なら、それは絶対に不可能なことでした。しかし、デジタル機器やネットが普及した今は違います。それは確かに可能なことですし、しかも今の時代、音楽レーベルは100万円以下の資金で立ち上げることができます。さらに一旦レーベルを立ち上げてしまえば、その後は一枚の音楽アルバムをわずか1万円かそれ以下の経費でネット販売することができます。もちろん、CDのプレス代金を支払えば、音楽CDとして販売することも可能です。
「レーベル」とは?
Audition オーディション dot-com Precious Star
皆さまはアーティストの所属「レーベル」を意識したことはあるでしょうか?インディーズからメジャーまで、あらゆるアーティストが「レーベル」と言われる団体(会社)に所属し音源をリリースしています。その「レーベル」はある程度一定のイメージを共有しブランド力をつけていたりしますね。
CDショップイメージ
例えば、私の好きなドイツの音楽レーベル「raster-noton」。最初はそこに所属するアーティストが好きだったのですが、同じレーベルのアーティストの音楽を聴いてみるとどれもステキ!ということで今ではすっかり「raster-noton」という名前のつくCDはすぐ買ってしまいます。皆さんもそんな経験あるのではないでしょうか?

このような音楽レーベルは日本の音楽シーンにもたくさん存在します。ほとんどがインディーズと言われる大手レコード会社に所属していない小さな団体ですが、私がお気に入りの大手CDショップに行くと、「あの○○レーベルから期待の新人リリース!」と書いたポップが多くみられます。
Audition オーディション dot-com Precious Star

「ネットレーベル」とは??

このような環境で「音楽レーベル」というものを身近に感じていましたが、ある日聞き慣れない言葉を耳にしました。

「ネットレーベルが熱い!」

初めてその単語を聞いたときは「ネットレーベル」?? 普通の音楽「レーベル」とは違うのか?ととても疑問に思いました。
Audition オーディション dot-com Precious Star

「ネットレーベル」とは・Audition オーディション dot-com Precious Star

オンライン上に存在する個人または少人数で運営しているレコードレーベル。基本的にほとんどが「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)」のもと、インターネットを通じて無料で音楽をダウンロードリリースしている。

つまりは音楽を販売しているのではなく、ダウンロードしてもらい共有することを目的としたレーベルのことです。

ただの素人集団だと思うなかれ! その楽曲やアートワークのクオリティの高さはCDをリリース販売しているアーティストと何ら変わりありません。むしろ最近では通常の音楽レーベルからリリースしているアーティストがネットレーベルのリリースに参加していたります。

これはWikipediaの文中にもありますが、近年コンピュータによって音楽を作るアマチュアミュージシャンが増加&クオリティも上昇、さらにインターネットで発信することがより身近になった結果であると思います。その特性からかジャンルは電子音楽に特化したものがほとんどですが、具体的にどのようなレーベルがあるのか、下記に代表的なものをご紹介してみます。たくさんの作品が発信されていますのでぜひのぞいてみてください

歌手オーディション

歌手オーディション
歌手オーディション

歌手オーディション

カラオケ配信のジョイサウンド、UGA、音楽配信ではエクシングエンターテイメント、USEN、ユーズミュージックとカラオケ配信契約、音楽配信契約などをして頑張っていますので、音楽を愛する男性、女性、歌が大好きなかたならまずは歌を聞かせてください。
>音楽レーベルを運営していくにあたり、先1年程度のグランドスケジュールを立てる事は、とても重要です。
活動形態がバンドやユニット等、数名のメンバーで構成されている場合も、全員の意思を1つに出来たり、高いモチベーションを維持する事にも役立ちます。グランドスケジュールは、大まかなイメージで作ってかまいません。
ただ、そのスケジュール通りに活動を進める事が目標にもなりますので、全く実行が不可能なスケジュールを組んでしまう事は避けましょう。
就職難を勝ち抜いていくことも大切ですが、自分のちからで事業を起してみませんか?
フランチャイズ方式であれば、開設に伴う様々なノウハウを短期間に習得でき、スムーズな起業を実現することが出来ます。
どんな事業でも成功があれば失敗もあります、本人の努力は最低限必要なことはいうまでもありませんが、その背景が有望でなければ、確率が下がることは間違いありません。その点芸能プロダクションに関しては、将来性がありますから、成功の確率は間違いなく上がるのです。
本サイト内で、ビジネスの概要について触れておりますが、より詳しい内容をお聞きになりたいときは、お気軽にお問い合せいただけたら幸いに存じます。
カラオケ配信、音楽配信では、エコへの協賛も行っています。応募いただきますと、自動的に左記の活動への支援が行えます。音楽に限っていえば、「インディーズ」とは、大手レコード会社に依存せず、アーティストあるいはプロダクションが独自に行うCDリリースの形態を指します。つまり、「大きいのがメジャー」、「小さいのがインディーズ」ということです。「インディーズ」は幅広く使われる言葉で、映画やファッションなどにも「インディーズ」があります。
アダルト・ソフト業界では、「インディーズビデオ」というジャンルもありますね。インディーズは大きな資本にとらわれないため、自由な表現ができます。日本でも、大御所のアーティストがわざわざインディーズに戻って、メジャーでは出せない作品をリリースしたりもします。

これは、インディーズ特有の、自由な表現が許される環境にひかれた結果でしょう。

インディーズレーベルは自由で、その可能性は無限大なのです。


音楽レーベルの設立に、特にルールはありません。
何かの届け出等もありませんし、もちろん会社である必要もありません。

好きなレーベル名を付けて「レーベルを立ち上げた!」と宣言すれば、設立完了です。

また、音楽レーベルの基本的な機能は音楽を作って発売する事ですが、その方法が分からない場合や、自分だけでは出来ない内容があると言う場合は、当サイトの「音楽制作支援サービス」や「プロモーションをしよう!」をご確認下さい。

きっと、役立つ情報が見つかると思います。

音楽レコードに貼り付ける紙も意味し、転じて音楽会社そのものを呼ぶときにも使われる。

ラベルと表記した場合は単なる包装紙であることが多いが、レーベルと表記した場合は会社・部門の分類の意味でも使われる。

音楽業界では会社のことをレーベルと呼ぶこともあるほか、インディーズレーベルなどのように複数の会社をまとめた意味も存在している。の時代はデジタル技術やネットが普及したことによって、誰でも簡単に音楽レーベルが立ち上げられます。

大手のレコード会社などや音楽事務所に所属して、自分たちの創作した音楽を販売してもらおうと考えなくても、自ら努力し工夫しさえすれば、広く自分たちの作った音楽を普及させ、販売していくことが可能なのです。

 

いえ、誰でも簡単にできるというのは少し語弊があるかも知れません。肝心の楽曲がやはりそれなりのレベルの作品でなければ誰も聴いてくれないでしょうし、デジタル機材に関する知識や技術がなければ、いくら曲を作ったとしても、当然、プロの作品に匹敵するものを作ることは不可能です。

つまり、大手企業に所属せずに音楽活動をするということは、これら全ての能力を自分一人(あるいは自分の仲間)だけで身に着けていかなければならないということであり、それはかなりの苦労と努力が強いられる道だと思います。一方、インディーズレーベルはその性質上、メジャーに比べて流通網などが限られてくるため、どうしても弱い立場になってしまいます。

海外では、サブポップやクリエイション、ドミノレコードなど、メジャーに負けない力を持つレーベルがありますが、日本では「メジャーへの踏み台」という意識が強いようです。

その分、自由は大いに保障されています。

拘束されることなく表現ができ、かつそれが利益につながれば、それは即レーベルおよびアーティストの利益につながります。

最近だと、モンゴル800や氣志團、HYなどがインディーズにいながら大ヒットを飛ばしました。

もちろん、レーベルやアーティストは大いに潤ったでしょう。

そして何より「自分たちでやった!」という達成感は、メジャーアーティストには味わえないでしょう。
これはインディーズの醍醐味です。

また、インディーズはもともと「独立」すなわち「D.I.Y」の精神に基づいています。
「D.I.Y」とは「Do It Yourself」つまり、「何でも自分でやる」という意味です。

作詞作曲はもちろん、レコーディングからCDプレス、流通、果てはライブのブッキングまでインディーズではアーティストとレーベルが二人三脚で行います。

これは非常に労力がかかり、面倒なことですが、その分達成感があり、インディーズの面白さと言えるでしょう。いままで、ひとくくりに「インディーズ」と書いてきましたが、ではそこからどこまでがインディーズなのしょうか?

欧米での音楽では、ビッグ・フォーと呼ばれる四大企業(ユニバーサルミュージック、ソニーBMG、ワーナー・ミュージック、EMI)以外のものはすべてインディーズと呼ぶようです。

ちなみに、日本の音楽業界におけるインディー(インディーズ)とは、日本レコード協会に加盟していないレコード会社(会社のみならず、プライベート・レーベルとしての事務所等も指す)及びそこに所属するアーティストを指します。

音楽レーベル

音楽出版社は、オンライン視聴者に直接関わることによって新しいアーチストを紹介し、新しい収益源を創出します。

  • アーティストの公式サイトや関連サイトで、ミュージックビデオを公開
  • ウィジェットやソーシャル ネットワークを通じて、新たな視聴者を獲得
  • ファンサイトやニッチな視聴者サイトにコンテンツを配布

しかし、現在、大手のレコード会社はCDが売れなくて汲々としています。このデジタル化、ネット化の波にうまく乗れずに、相変わらず古い体質のままに経営を続けているからです。しかも彼らの中には、安い経費では大したアルバムが作れないという考えを持っている人たちも数多く存在しているようです。そのため、現在のように一枚のアルバムに多くの経費がかけられないことに不満とストレスを抱えた状態で仕事しているのです。

当然、そんな雰囲気の中では健全な芸術活動などできるはずもありません。そんな中、窮屈な思いをしながら音楽活動をしていくよりも、最初から苦労と努力を惜しまず自力で音楽レーベルを立ち上げ、その後、自由に音楽活動をしていく方がどれだけ幸せでしょうか。
一昔前なら、それは絶対に不可能なことでした。しかし、デジタル機器やネットが普及した今は違います。それは確かに可能なことですし、しかも今の時代、音楽レーベルは100万円以下の資金で立ち上げることができます。さらに一旦レーベルを立ち上げてしまえば、その後は一枚の音楽アルバムをわずか1万円かそれ以下の経費でネット販売することができます。もちろん、CDのプレス代金を支払えば、音楽CDとして販売することも可能です。一口にリリースといっても、さまざまな仕事が発生します。

まずは、アーティストのレコーディング。

最近ではパソコンなどで音源を作ってしまうアーティストもいますが、
生演奏の場合は、スタジオなどでレコーディングする必要があります。
レコーディングはスタジオのエンジニアさんにお願いする場合もありますし、アーティスト自らが行う場合もあります。

これらのスケジュールを立てたり、予算を組んだりするのは、レーベルの大きな仕事のひとつです。

そして、音源(マスターテープ)が完成したら、メディアに落とし込みます。

CDにするのが一般的ですが、別にCD-RでもDVDでもmp3でも構いません。
CDにする場合、一般的にはCDプレスの業者に依頼します。
CD-Rの場合は身近なパソコンでもできます。

これらは、アーティストやレーベルの意向を決めて、進めます。

音源ができたら、今度はそれらを販売する用意をします。

通常、インディーズのCDは流通業者を通してCDショップに置かれます。
これらの手配はレーベルのメイン業務です。

もちろん、CD-Rの場合はライブハウスで手売りしてもOKですし、
mp3の場合は、iTunes Music Storeなどで販売することもできます。

その他にも、ツアーをブッキングしたり、イベントを主催したり、仕事は盛りだくさんです。
どこまでやるかはあなた次第ですが、何事も楽しんでやれるように心がけましょう。

実際、私もこのような安価な経費で音楽レーベルを立ち上げ、音楽アルバムを制作しています。その方法については、さらに以下の記事をご覧下さい。

関連会社のバックアップ体制が整っております。
コネクションの無い方でも安心して運営が可能なシステムをとっております。
歌手から女優・俳優・グラビアアイドル・タレントまで、育成は様々。
歌  手/ダンス :ボイストレーニング・ダンストレーニングなど
俳  優/女  優:演技指導
タレント/アイドル:芸能スクール

電話やFAXなど、一般的な環境が整っていれば今すぐ運営が可能。
マンションや事務所でなくても自宅の空いたスペースさえあれば芸能プロダクションは設立出来ます。
サポート体制がとにかく充実していますので、お悩みの方はまずはお気軽にお問い合わせ下さいませ。
auditionを開催し、タレントやアイドルのタマゴをご一緒に育成!

(赤坂見附 東京都港区 芸能プロダクション)の店舗情報(提供元:iタウンページ)写真、クーポン、地図、アクセス情報などの詳細情報も充実。

Space Closing Party

Proin quis tortor orci. Etiam at risus et justo dignissim congue. Donec congue lacinia dui, a porttitor lectus condimentum laoreet. Nunc eu ullamcorper orci. Quisque eget odio ac lectus vestibulum faucibus eget in metus. In pellentesque faucibus vestibulum. Nulla at nulla justo, eget luctus tortor. Nulla facilisi. Duis aliquet egestas purus in blandit. Curabitur vulputate, ligula lacinia scelerisque tempor, lacus lacus ornare ante, ac egestas est urna sit amet arcu. Class aptent taciti sociosqu ad litora torquent per conubia nostra, per inceptos himenaeos. Sed molestie augue sit amet leo consequat posuere. Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia Curae; Proin vel ante a orci tempus eleifend ut et magna. Lorem ipsum dolor sit amet.

Tracklisting

[tracklisting id=”14″]

Video from Youtube

Proin quis tortor orci. Etiam at risus et justo dignissim congue. Donec congue lacinia dui, a porttitor lectus condimentum laoreet. Nunc eu ullamcorper orci. Quisque eget odio ac lectus vestibulum faucibus eget in metus. In pellentesque faucibus vestibulum. Nulla at nulla justo, eget luctus tortor. Nulla facilisi. Duis aliquet egestas purus in blandit.

Video from Vimeo

Proin quis tortor orci. Etiam at risus et justo dignissim congue. Donec congue lacinia dui, a porttitor lectus condimentum laoreet. Nunc eu ullamcorper orci. Quisque eget odio ac lectus vestibulum faucibus eget in metus. In pellentesque faucibus vestibulum. Nulla at nulla justo, eget luctus tortor. Nulla facilisi. Duis aliquet egestas purus in blandit.

Soundcloud sound

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/35443347″ params=”auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false&visual=true” width=”100%” height=”450″ iframe=”true” /]

Proin quis tortor orci. Etiam at risus et justo dignissim congue. Donec congue lacinia dui, a porttitor lectus condimentum laoreet. Nunc eu ullamcorper orci. Quisque eget odio ac lectus vestibulum faucibus eget in metus. In pellentesque faucibus vestibulum. Nulla at nulla justo, eget luctus tortor. Nulla facilisi. Duis aliquet egestas purus in blandit.

Synopsis

Vivamus luctus urna sed urna ultricies ac tempor dui sagittis. In condimentum facilisis porta. Sed nec diam eu diam mattis viverra. Nulla fringilla, orci ac euismod semper, magna diam porttitor mauris, quis sollicitudin sapien justo in libero. Vestibulum mollis mauris enim. Morbi euismod magna ac lorem rutrum elementum. Donec viverra auctor lobortis. Pellentesque eu est a nulla placerat dignissim. Morbi a enim in magna semper bibendum. Etiam scelerisque, nunc ac egestas consequat, odio nibh euismod nulla, eget auctor orci nibh vel nisi. Aliquam erat volutpat. Mauris vel neque sit amet nunc gravida congue sed sit amet purus. Quisque lacus quam, egestas ac tincidunt a, lacinia vel velit. Aenean facilisis nulla vitae urna tincidunt congue sed ut dui. Morbi malesuada nulla nec purus convallis consequat. Vivamus id mollis quam. Morbi ac commodo nulla. In condimentum orci id nisl volutpat bibendum. Quisque commodo hendrerit lorem quis egestas. Maecenas quis tortor arcu. Vivamus rutrum nunc non neque consectetur quis placerat neque lobortis. Nam vestibulum, arcu sodales feugiat consectetur, nisl orci bibendum elit, eu euismod magna sapien ut nibh. Donec semper quam scelerisque tortor dictum gravida. In hac habitasse platea dictumst. Nam pulvinar, odio sed rhoncus.

Don't Miss This Interview

Proin quis tortor orci. Etiam at risus et justo dignissim congue. Donec congue lacinia dui, a porttitor lectus condimentum laoreet. Nunc eu ullamcorper orci. Quisque eget odio ac lectus vestibulum faucibus eget in metus. In pellentesque faucibus vestibulum. Nulla at nulla justo, eget luctus tortor. Nulla facilisi. Duis aliquet egestas purus in blandit. Curabitur vulputate, ligula lacinia scelerisque tempor, lacus lacus ornare ante, ac egestas est urna sit amet arcu. Class aptent taciti sociosqu ad litora torquent per conubia nostra, per inceptos himenaeos. Sed molestie augue sit amet leo consequat posuere. Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia Curae; Proin vel ante a orci tempus eleifend ut et magna. Lorem ipsum dolor sit amet.

Tracklisting

[tracklisting id=”14″]

Video from Youtube

Proin quis tortor orci. Etiam at risus et justo dignissim congue. Donec congue lacinia dui, a porttitor lectus condimentum laoreet. Nunc eu ullamcorper orci. Quisque eget odio ac lectus vestibulum faucibus eget in metus. In pellentesque faucibus vestibulum. Nulla at nulla justo, eget luctus tortor. Nulla facilisi. Duis aliquet egestas purus in blandit.

Video from Vimeo

Proin quis tortor orci. Etiam at risus et justo dignissim congue. Donec congue lacinia dui, a porttitor lectus condimentum laoreet. Nunc eu ullamcorper orci. Quisque eget odio ac lectus vestibulum faucibus eget in metus. In pellentesque faucibus vestibulum. Nulla at nulla justo, eget luctus tortor. Nulla facilisi. Duis aliquet egestas purus in blandit.

Soundcloud sound

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/35443347″ params=”auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false&visual=true” width=”100%” height=”450″ iframe=”true” /]

Proin quis tortor orci. Etiam at risus et justo dignissim congue. Donec congue lacinia dui, a porttitor lectus condimentum laoreet. Nunc eu ullamcorper orci. Quisque eget odio ac lectus vestibulum faucibus eget in metus. In pellentesque faucibus vestibulum. Nulla at nulla justo, eget luctus tortor. Nulla facilisi. Duis aliquet egestas purus in blandit.

Synopsis

Vivamus luctus urna sed urna ultricies ac tempor dui sagittis. In condimentum facilisis porta. Sed nec diam eu diam mattis viverra. Nulla fringilla, orci ac euismod semper, magna diam porttitor mauris, quis sollicitudin sapien justo in libero. Vestibulum mollis mauris enim. Morbi euismod magna ac lorem rutrum elementum. Donec viverra auctor lobortis. Pellentesque eu est a nulla placerat dignissim. Morbi a enim in magna semper bibendum. Etiam scelerisque, nunc ac egestas consequat, odio nibh euismod nulla, eget auctor orci nibh vel nisi. Aliquam erat volutpat. Mauris vel neque sit amet nunc gravida congue sed sit amet purus. Quisque lacus quam, egestas ac tincidunt a, lacinia vel velit. Aenean facilisis nulla vitae urna tincidunt congue sed ut dui. Morbi malesuada nulla nec purus convallis consequat. Vivamus id mollis quam. Morbi ac commodo nulla. In condimentum orci id nisl volutpat bibendum. Quisque commodo hendrerit lorem quis egestas. Maecenas quis tortor arcu. Vivamus rutrum nunc non neque consectetur quis placerat neque lobortis. Nam vestibulum, arcu sodales feugiat consectetur, nisl orci bibendum elit, eu euismod magna sapien ut nibh. Donec semper quam scelerisque tortor dictum gravida. In hac habitasse platea dictumst. Nam pulvinar, odio sed rhoncus.

Copyright © Kayapati. All rights reserved.

Translate »